マクロライド系のジスロマック

ジスロマックは一般的に抗生物質と呼ばれる薬で、中範囲抗生物質の、マクロライド系に分類されます。
メインの成分はアジスロマイシン水和物で体内に長くとどまり投与回数が少なく済むことが特徴的です。
特に性病のクラミジア感染症で使用されている方が多く、効果の持続時間が長いことから感染予防としても利用されております。
比較的新しい抗生物質ですが、今現在でクラミジア感染症の第一選択として利用されることが多いです。
抗生物質は主に細菌の感染症に使用され、ウィルスなどの感染には選択されません。
性病なども細菌による感染症の為抗生物質が多く利用されております。
ジスロマックは他にもマイコプラズマ感染症や、通常の風邪、グラム陽性菌などのにも利用されています。
直接細菌に作用するのではなく、細菌の増殖に必要なたんぱく質の合成を阻害する作用があります。
たんぱく質が減少することで自然と最近も減少していくのです。
比較的副作用も少なく安全性が高いことから多くの人が利用されています。
中には妊婦健診などで性病が発見された方でも安心してジスロマックを使用できるのです。
メインの成分のアジスロマイシン水和物ですが、胃酸の影響が受けにくいと考えられており、継続して高い組織内の濃度を維持することが可能です。
高濃度の場合は殺菌作用もあるとされており、菌の種類によっては臨床の用量でも殺菌作用は十分だと考えられています。
アジスロマイシンは現在ジェネリック薬品も販売されており、海外などでは手軽に購入することができます。
日本国内では処方箋薬ですので、医師の処方のもとでしか購入することはできません。
しかし海外からは簡単にインターネットなどで購入することができるので、クラミジア感染症の予防などで常備している人も多いです。
抗生物質は幅広く利用されていますが、種類によって大きく作用や効能が異なります。
海外から購入するときは自分の症状などをきちんと理解して購入しましょう。
もちろん医師の管轄外ですのですべて自己責任となります。
もし海外の抗生物質を利用していて、異変を感じたら使用を中止して専門医などに相談して下さい。
副作用が全くないわけではありません。用量用法を守り服用しましょう。