ジスロマックの効果効能

ジスロマックは性病の一種であるクラミジアを治療する薬です。
またクラミジア以外の性病などの感染症の場合でも使用できるので、その場合の使い方などもご紹介していくので、どうぞご覧下さい。
まずはクラミジアの場合からご紹介していきます。
クラミジアになってしまった場合は、今までは長時間かけてゆっくりと治すことが多く、続かないということも多くありました。ですがジスロマックは1回服用するだけで良いため、服用を忘れてしまうということがありません。また9割以上の確率で治るという非常に効果も高いものになっています。
ジスロマックはアジスロマイシン水和物を主成分としています。このアジスロマイシン水和物は感染症や炎症に効果のあるとされており、クラミジア、淋病、マイコプラズマに処方されていて、アレルギーが起こることが少なくなっています。
多くの細菌に対しての殺菌効果が認められていて、感染することで起こる腫れ、化膿、発熱、炎症などを治療してくれます。抗菌作用だけでなく、抗炎症作用もあるため、慢性副鼻腔炎や中耳炎などで耳鼻科でも使用されます。
体の中に入ってから胃酸の影響を受けにくく、体の不調の原因となっている細菌に高濃度で働きかけられて、吸収も非常に良くなっています。
効果が高いものではありますが、副作用もあります。多い副作用は、腹痛、下痢、発熱、嘔吐などになっています。ほとんどの場合は軽い症状で治りますが、もし悪化するようなことがあったり、長く続いてしまうことがあれば、病人に行く必要があります。これら以外にも、めまい、痙攣などの症状が起こることもあるので、服用後は運転や危ない作業などは控えるようにしましょう。
クラミジアになった場合は、4錠(有効成分が1000mgになるように)飲むだけで、4錠を分けて服用する必要はありません。ですが、普段から腹痛が多い場合や下痢になりやすい場合などは、3日間続けて服用するということも可能です。内蔵消化器系が弱いという方は、分けて服用しても良いので覚えておきましょう。
クラミジア以外の感染症の場合は、内蔵消化器系が弱い方と同じように、1回2錠を1日1回、三日間連続で服用するようにしてください。
安全な薬ではありますが、副作用は当然ありますし、他の薬などと併用して飲まないようにしましょう。併用してはいけないものの代表例として、エルゴタミンを含んでいるものがあります。併用してしまうと血管の萎縮が起きやすくなってしまうので、もしエルゴタミンを含んでいるものを服用している場合は医師に相談しましょう。
クラミジアに効果があり、連続して服用し続けなくて良いため、非常に有り難い薬ですが、注意しなければいけない点もあるため、その辺りを気を付けて服用するようにしてください。